宇宙ビジネス特集記事(週刊ダイヤモンド)

週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [雑誌]

今週発売となった「週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号」。
宇宙に関する記事が多く掲載されています。
中身は、帰還目前のはやぶさからはじまり、日本の宇宙政策、
宇宙ビジネスと盛りだくさん。
約40ページにわたりって、宇宙に関する話題をとりあげています。


ちなみに中身を一部抜粋するとこんな感じ。(amazonから抜粋)
-------------------------------------------
特集
2010年
宇宙ビジネスの旅

帰還目前の「はやぶさ」 7年間の「軌跡と奇跡」
Column 多彩な「はやぶさ応援団」

日本の宇宙政策の行方
Part1 民間活力導入の米国 予算と組織優先の日本
Part2 日本の宇宙科学を蝕む 深刻な"2本のトゲ"
「宇宙基本法」の制定で加速
Interview 立川敬二 宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長

未開の宇宙ビジネス
市場創出を目指すJAXAの成果
ヴァージン社による2000万円宇宙の旅
前途多難な日本の衛星打ち上げ事業
宇宙飛行士を使った広告宣伝事業
月の土地を販売するルナエンバシー
宇宙での必須技術を身近な商品に転用
加齢臭を抑えるハイテク下着
米国宇宙事情 急成長する宇宙ベンチャー
「ペーパー衛星問題」も発生
実害出始めた宇宙の「ゴミ問題」
Interview 堀江貴文 元ライブドア社長
北海道の町工場がロケット開発
「まいど」の次は「人型ロボット」
宇宙産業を支える中小企業
Column 人工衛星の価格破壊で市場創出
PDエアロスペースが描く夢
宇宙エレベーターへの期待と課題
日本人宇宙飛行士という仕事
Interview 江澤佐知子 医学博士・宇宙飛行士候補生
Interview 山崎大地 "主夫"

検証・空想宇宙科学
Interview 柳田理科雄 空想科学研究所主任研究員
Column タイムマシンは実現するのか?
-------------------------------------------

取材も豊富に行っており、JAXA理事長の立川氏、
ホリエモン、最近メディアへの露出が増えてきている
宇宙ビジネスコンサルタントの大貫美鈴氏、
テレビ番組で取り上げられたこともある、PDエアロスペースの
緒川氏など、宇宙に関する方々の記事が掲載されています。
結構力入ってます。


コンビニで購入したのですが、
かなり大きな文字で「宇宙ビジネスの旅」と書かれているので
非常に目立ってました。
宇宙に興味のある方もそうでない方も、手にとってみてはいかがでしょうか?


■参考サイトURL
週刊 ダイヤモンド 2010年 6/12号 [雑誌]

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(4)

日経エンタテインメント!で“天体ショー”を見に行こう!

日経エンタテインメント!の最新号で
“天体ショー”を見に行こう!
というコーナーが設けられています。


来月7月22日に迎える皆既日食の紹介はもちろん、
他の天体ショーとして、流星群などの紹介も。
なぜか天体グッズを紹介する人に
なべやかんさんの姿もありますが…。


皆既日食をきっかけに、他の天文現象についても
興味を持つ人が増えてくるとよいですね。

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(1)

宇宙飛行士が答えた500の質問

宇宙飛行士が答えた500の質問
宇宙飛行士が答えた500の質問

先日NHKで放送された、立体生中継地球LIVE
「地球の肺 海が危ない!」という番組で、現在宇宙ステーションに
長期滞在中の若田光一宇宙飛行士との、生中継が実現し、そこで
スタジオのゲストの方々が、若田さんに対し宇宙に関するいろいろな
質問をしていましたが、宇宙飛行士への質問として、おすすめなのが
この本 → 「宇宙飛行士が答えた500の質問」。
著者はR・マイク・ミュレインさん。
元宇宙飛行士で、3度スペースシャトルに搭乗した経験がある方です。
これまで宇宙飛行士として質問された回数がもっとも多い、宇宙飛行と
宇宙飛行士に関する500もの質問が集められた内容となっています。


NHKの番組内では、劇団ひとりさんが「宇宙で見る夢は、無重力の中を
漂っている夢をみるのですか?」などといった、夢の質問をしてましたが、
この本でも、宇宙で見る夢の質問が、500の質問のうちの1つとして
取り上げられています。
(但しその回答は、本の著者は夢は見なかったけど、同僚で
 悪夢にうなされる夢を見てた人がいたよという、あまり
 子供が納得するような答えではありませんでしたが…)


この本の良いところは、その質問の多さ。網羅性です。
500もの質問が掲載されているのでちょっとした疑問ならば、この本を
読むことで疑問が解決するでしょうし、そうでなくても糸口を
教えてくれる内容となっています。


ちなみに個人的におもしろかった質問は、
---------------------------------------------------------
Q27 ランデブーは難しいの?
Q36 訓練プログラムは予行演習になるの?それとも現実にはやっぱり驚かされるの?
Q98 打ち上げはフロリダからなのになぜNASAは飛行管制センターと訓練施設をテキサスにつくったの?
Q110 異邦人と遭遇したときの対処法は訓練したの?
Q445 NASAのダイエットプログラムって本当にあるの?
Q457 宇宙飛行士はいつも仲良くやってるの?
---------------------------------------------------------
などなど。その他にも、宇宙への出張手当の話もあります。
これまであまり深く気にしたこともなかった質問も多いのですが、
その回答を見ると、新しい発見を感じさせてくれる内容でした。
巻末の最後に特別インタビューとして、若田宇宙飛行士への
インタビューが掲載されているのですが、こちらも必見です。
無重力で加速度を感覚するのは、体の中では「ほっぺた」だという
記述には、実際に宇宙に行った人ならではのコメントだと感じました。


宇宙に詳しくない人も、宇宙に詳しい人にとっても
宇宙初心者にとってもとても読みやすい内容の1冊です。
宇宙に興味のある方や、プラネタリウム解説員や子供天など
人から宇宙についての質問を受ける機会が多い方にとって、
一度読んでおくとよい本だと思います。


■参考サイトURL
宇宙飛行士が答えた500の質問

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(2)

Comments

Comment form




 

   

LATEST ENTRIES

■星の商品(hoshigu)
天体望遠鏡
デジタル一眼レフ
プラネタリウム
双眼鏡
レンズ
ブルーベリー

■星コン
プラネタリウムや天文台を検索
星座やメシエ天体を検索
北海道のプラネタリウムや天文台
宮城県のプラネタリウムや天文台
東京都のプラネタリウムや天文台
埼玉県のプラネタリウムや天文台
千葉県のプラネタリウムや天文台
愛知県のプラネタリウムや天文台
岐阜県のプラネタリウムや天文台
静岡県のプラネタリウムや天文台
大阪府のプラネタリウムや天文台
兵庫県のプラネタリウムや天文台
京都府のプラネタリウムや天文台
広島県のプラネタリウムや天文台
福岡県のプラネタリウムや天文台
トカラ皆既日食 - 星コン
オーロラ特集(イエローナイフ)- 星コン
オーロラ特集(フェアバンクス)- 星コン
オーロラ特集(キルナ)- 星コン



Powered by BlogPeople

OTHERS
SPONSORED LINKS
<