富山県高岡市の天文台の記事

読売新聞のネット版で、富山県高岡市の
浜谷さんの天文台「てるてるぼうず」が取り上げられていました。
とやま「天体観測」 : ひと紀行 : 企画・連載 : 北陸発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

富山県は日本海に面していながら、海から
山が見えるという、自然環境に恵まれている環境ですが
そんな環境で、自宅に天文台を備えるというのは
うらやましいですね。

■参考サイトURL
とやま「天体観測」 : ひと紀行 : 企画・連載 : 北陸発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(0)

天文学者小久保英一郎へのインタビュー記事

インターネット上のサイトやデザインを取り上げてる雑誌
「web designing」の 9月号に、国立天文台に勤める天文学者
小久保英一郎さんのインタビュー記事を掲載していました。
ツクルヒトというコーナーで「見果てぬ空に揺るがぬ思いを」
というタイトルのページです。


IT系の雑誌に天文に関する人がインタビューが
掲載されてることは珍しいことです。


記事の中では、小久保英一郎さんの研究内容を
簡単に説明したり、コンピュータと関係についても
触れていました。
小久保英一郎さんの研究にとって、もっとも
重要な道具であるコンピュータを自作したとのこと。


天文以外の分野でも言えることですが、
既存の産業で活躍し、名をあげる若い人たちの共通点に
技術という新しい武器を使いこなしたり、
道具そのものをつくることで、新しいゲームのやりかたを
つくりだしている人たちという気がします。


また、アイデアや日頃の地道な研究の重要性についても触れていました。
学問の世界でもアイデアやひらめきは重要だと思います。
ただし、ジャンプと呼ばれるような斬新な理論、
例えばアインシュタインの相対性理論みたいなものは、
積み重ねの中からしかでてきません。
基本を知った上で広くものを見て一般化して考えることが大事だと思うんです。
このあたりは、斬新な理論を生み出そうとする
人ならではのコメントという気がします。
少なくとも普通のサラリーマンからは
なかなか、でてこないコメントだと思います。、


最後に、4D2Uについても少し触れてました。(別ページの解説)
4D2Uとは国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト
小久保英一郎さんは、空間3次元と時間1次元で宇宙の姿を描き出す
プロジェクトのコアメンバーです。
4D2Uについては実際に見てみないと、なかなか実感しにくいという面も
あるかと思うので、雑誌の読者には4D2Uに足を運んでもらったり、
Mitakaをダウンロードしてもらえるとうれしいですね。


※追記
上記記事とはまったく関係ないのですが、英語学習を扱うアルクのサイトで
小久保英一郎さんのこれまでの英語学習についてのインタビューが
掲載されてました。最近はいろんな取材依頼もあるようですね。
こちらもおもしろいですよ。
英語特集:理論天文学者 小久保英一郎先生に聞く“理系的”英語学習法のススメ


■参考URLURL
小久保英一郎さんのサイト
4D2Uプロジェクト
英語特集:理論天文学者 小久保英一郎先生に聞く“理系的”英語学習法のススメ

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(0)

南極の地下で開発中のニュートリノ観測装置「IceCube」

現在南極で、「IceCube(アイスキューブ)」というニュートリノ観測装置の
開発が進められているようです。
総費用は約300億円で米国を中心に7カ国が参加する
国際計画で、2009年に完成予定とのこと。


日本からは、千葉大学の吉田滋助教授が参画しています。
ニュートリノ天文学は小柴先生の活躍により
大きく注目される分野になってきていますが、
「IceCube」では天然に存在する南極大陸の水を
自然の巨大な水タンクとみたてることで、
カミオカンデ実験よりも大幅に大規模な観測が
実現可能になるようです。
自然に存在する水を使うことで、これまで人工で
つくってきた検出装置と比較し、どれくらい大きな規模に
なるかというと、スーパーカミオカンデ実験
2万倍という大きさを持つ検出装置になるとのこと。
これだけ大規模なものになると、
ニュートリノ天文学という分野から
新しい発見が次々に見つかりそうです。


岐阜県飛騨市神岡町のスーパーカミオカンデでは
毎年夏に見学会を行っていますが、
南極大陸の「IceCube」では
見学会をやるよ!と言われても、
南極大陸に行くまでが大変そうですね。


■参考サイトURL
IceCube Documents(日本語)
IceCube公式サイト(英語)
三菱電機 DSPACE/2004年6月コラムVol.3[南極、氷河の下から狙う宇宙:林公代]
南極の巨大ニュートリノ観測装置『IceCube』と「宇宙人からの通信」
南極点でニュートリノ観測を開始国際共同研究プロジェクト IceCube(アイスキューブ)本格稼働

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(2)

Comments

Comment form




 

   

LATEST ENTRIES

■星の商品(hoshigu)
天体望遠鏡
デジタル一眼レフ
プラネタリウム
双眼鏡
レンズ
ブルーベリー

■星コン
プラネタリウムや天文台を検索
星座やメシエ天体を検索
北海道のプラネタリウムや天文台
宮城県のプラネタリウムや天文台
東京都のプラネタリウムや天文台
埼玉県のプラネタリウムや天文台
千葉県のプラネタリウムや天文台
愛知県のプラネタリウムや天文台
岐阜県のプラネタリウムや天文台
静岡県のプラネタリウムや天文台
大阪府のプラネタリウムや天文台
兵庫県のプラネタリウムや天文台
京都府のプラネタリウムや天文台
広島県のプラネタリウムや天文台
福岡県のプラネタリウムや天文台
トカラ皆既日食 - 星コン
オーロラ特集(イエローナイフ)- 星コン
オーロラ特集(フェアバンクス)- 星コン
オーロラ特集(キルナ)- 星コン



Powered by BlogPeople

OTHERS
SPONSORED LINKS
<