理科教材費が15倍、200億円に

理科教材費が一気に15倍になるというニュースが
あったのでピックアップしてみました。
上皿てんびんに電流計、顕微鏡……。理科の授業で使う実験器具や教材の費用として、文部科学省は、200億円の予算を政府の新経済対策に盛り込む。昨年度までの数年は年13億円前後で推移。厳しい財政事情で購入費がゼロの学校もあるため、例年の15倍の「特盛り」予算で、「理科離れ」「理科嫌い」を防ぐことにした。
→ニュース元:asahi.com(朝日新聞社):理科教材費、どーんと15倍 経済対策に200億円盛る - サイエンス


200億円の予算は、理科教材費への予算ということのようですが、
子供たちがプラネタリウムに見学に行ったり、星のお兄さんや
星のソムリエを招いて星の話を聞くなどといった
ソフト面での予算の使い方もできたりするとよいですね。
「理科離れ」「理科嫌い」を防ぐためにはハード面だけでなく、
ソフト面での充実も必要だと思いますので。


実験をわかりやすく、おもしろく教えるノウハウというのは、
黒板に書く授業とは違ったスキルが必要となるため、理科の
先生にとっても、これまで以上に実験スキルが必要に
なってくるかもしれません。


ちなみに全国の小中学校数は、
・小学校:23123校
・中学校:11035校
→合計 :34158校
の学校が存在するのですが、それを今回の金額を考慮し
1校あたり、いくらの金額になるのかを計算すると
200億円の場合だと1校あたり約58万円になります。
(これまでの13億円の場合は1校あたり約3.8万円)


今回のニュースが、1年限りなのかそれとも今後毎年計上
するのかなどの詳細は不明ですが、学校にとっても
これだけの予算をつかうだけの(昨年とは違う)
カリキュラムを用意したほうがよいのかもしれませんね。


■参考サイトURL
asahi.com(朝日新聞社):理科教材費、どーんと15倍 経済対策に200億円盛る - サイエンス

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(6)

「きぼう」につながる宇宙教育プログラムの参加学校募集中

宇宙のたね大実験 宇宙教育プロジェクト
国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟に
約6か月間保管された植物の種を地球に持ち返り、
種子を各学校に配布し、発芽や成長を調べる体験を
通じて生徒たちのサイエンスに対する興味を喚起する
プロジェクトとして宇宙教育プロジェクトというのが
あるのですが、ここでこのプロジェクトに参加する、
全国の教育機関の募集を行っています。
→ニュース元:株式会社リバネス 日本初!子どもたちに“きぼう”の種(宇宙種)を提供する民間企業プロジェクトが始動 −幼〜小はベネッセ、中〜高はリバネスが担当、希望校を募集−
→ニュース元:子ども達に宇宙からの贈り物 「きぼう」の種提供の民間プロジェクト始動|livedoor


★ベネッセコーポレーション宇宙のたね大実験ミッション2009
・担当:ベネッセコーポレーション
・対象:幼稚園・保育園・小学校
・URL:
 →宇宙のたね大実験 ミッション2009
 →宇宙のたね大実験 ミッション2009|ベネッセコーポレーション
・参加費:無料
・募集期間:小学校: 2009年3月12日〜6月末日/幼稚園・保育園:2009年4月〜7月末日


★宇宙教育プロジェクト宇宙種出前実験教室2009
・担当:リバネス
・対象:中学校、高等学校
・URL:
 →宇宙教育プロジェクト
 →新着情報:株式会社リバネス » 宇宙教育プロジェクト共同プレスリリース
・参加費:20 万円(税別、実験機材、研究者派遣の実費として)
・募集期間:現在〜2009年4月20日まで


幼稚園、小学校小はベネッセコーポレーションが。
中学校、高等学校はリバネスが担当するようです。
興味のある学校関係者の方々は、応募してみてはいかがでしょうか。
向井宇宙飛行士がメダカを宇宙に持っていった宇宙メダカは
その後子供たちにとってよい影響がありましたから、
今回の試みも応援したいですね。


■参考サイトURL
宇宙教育プロジェクト
新着情報:株式会社リバネス » 宇宙教育プロジェクト共同プレスリリース
ベネッセとリバネス、宇宙ステーション「きぼう」から持ち帰った種を利用した教育プログラムを提供
子ども達に宇宙からの贈り物 「きぼう」の種提供の民間プロジェクト始動|livedoor
宇宙のたね大実験 ミッション2009 |ベネッセコーポレーション
宇宙のたね大実験 ミッション2009|ベネッセコーポレーション

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(4)

出前実験を行うリバネス(NHK経済羅針盤を見て)

リバネス,経済羅針盤
6月29日のNHK「経済羅針盤」の番組で、
理科の授業をおもしろくする、
最先端科学の株式会社リバネス
という会社の紹介をしていました。(ゲストは社長の丸幸弘さん)
以下番組を見てのまとめメモ。


■リバネスとは?
理科の出前実験(出前授業)を行ってくれる会社。
 →ホームページはこちら

・会社の概要は、創業6年、年商2億1000万円の会社。

・対象は小学校から高校生向け。
 番組では蛍の光を再現する実験や、
 DNA鑑定の実験を例を取り上げていました。
 (DNAを犯罪捜査などで使う手法で探し出す)

・出前実験は1つ1つオーダーメイドの授業。
 学校ごとに授業の進み具合が異なり、偏差値も違う、
 参加する学生が科学が好きか嫌いかもあるので、
 学校にあわせた実験づくりが必要。

・普段、大学の研究室などで行っている実験を
 そのまま実験にもちこんで、わかりやすく生徒に教える。

・1つの授業の準備に1ヶ月半前から行う。

・出前実験に効果があるかということに対しては、
 1つの例として、6年前から出前実験を行っている
 中高一貫の女子校では理系の進学率が当初6、7%だったものが、
 今では20%になったとか。

・講師として来てくれる方は、主に大学院生。
 今後は企業の研究者も巻き込みたいとのこと。

・講師に対し、力を入れていることが、
 生徒にいかにわかりやすく教えるかということ。
 生徒はきっかけさえつかめば自分で興味を持ち始める。
 その前後にある、実験のおもしろさや
 その実験が世の中にとってどのように役にたっているか
 という話をするなどのソフト面の充実が
 ポイントだということ。

・費用は1つの例として、3時間でおよそ30万円。
 講師の大学院生8人で教えてました。



■学校にとってのメリット
出前実験に来てもらう学校側としては以下のメリットがあるとのこと。

・普段行わない実験を生徒が体験できる。
 実験を1つの学校が、独自でやろうとすると
 機材などの関係で実現が難しい。

・講師として来てくれる方は、大学院生なので
 若い方ばかりなので、生徒が親しみやすく
 今まで年配の大学教授が来てたのと比べても
 生徒にまったく違うものが伝わる。

・実験の機材は持ちこむので、学校としての負荷はあまりない。



■先生(講師)の教える側としてのメリット
・(教える側も)刺激を受ける。
 研究のおもしろいところはどこだろうと基本に返る。

・大学院などの研究室にばかりいると
 教授や研究員としか話さないし、実験も単調だったりするので
 煮詰まり気味になってしまう。
 でも、出前実験に行って生徒達と向き合うと、
 自分たちの研究の意味をあらためて感じることがある。

・研究室では得られないスキルが
 出前実験で得られる。



■企業側としてのメリット
大学院生だけでなく企業の研究者たちも、講師として
参加しはじめているようですが、企業にとっては
以下のメリットがあるようです。

・企業の社会貢献活動(CSR)にこの出前実験を利用できる。

・企業としても社会、地域とのつながりがもてる。



■まとめ
出前実験というのは、教える側にとっても
授業に来てもらう学校にとっても、
両方にメリットのある仕組みのようですね。
生徒たちとの距離が近い若い先生が来るというのは
結構メリットがあるんだなというのは意外でした。
今まで年配の大学教授が来てたのと比べ
まったく違うものが伝わり始めたというのは
おもしろいですね。

jaxaのタウンミーティングでも、年配の方の
話が多いですが、現場の若い社員の話が聞けると、
こちらも宇宙に対するイメージが、まったく違うものが
一般の方に伝わり始めるかもしれませんね。

社会のギャップを見つけ、それを埋めるサービスを
提供するというのは企業としての
あるべき姿の1つだと思いますが
その点を提供できていることが、うまいと
感じた企業でした。理科離れを防ぐ取り組みいう点でも
非常に興味深かったです。


■参考サイト
最先端科学の株式会社リバネス
NHK経済羅針盤 リバネス

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(0)

Comments

Comment form




 

   

LATEST ENTRIES

■星の商品(hoshigu)
天体望遠鏡
デジタル一眼レフ
プラネタリウム
双眼鏡
レンズ
ブルーベリー

■星コン
プラネタリウムや天文台を検索
星座やメシエ天体を検索
北海道のプラネタリウムや天文台
宮城県のプラネタリウムや天文台
東京都のプラネタリウムや天文台
埼玉県のプラネタリウムや天文台
千葉県のプラネタリウムや天文台
愛知県のプラネタリウムや天文台
岐阜県のプラネタリウムや天文台
静岡県のプラネタリウムや天文台
大阪府のプラネタリウムや天文台
兵庫県のプラネタリウムや天文台
京都府のプラネタリウムや天文台
広島県のプラネタリウムや天文台
福岡県のプラネタリウムや天文台
トカラ皆既日食 - 星コン
オーロラ特集(イエローナイフ)- 星コン
オーロラ特集(フェアバンクス)- 星コン
オーロラ特集(キルナ)- 星コン



Powered by BlogPeople

OTHERS
SPONSORED LINKS
<