<< NASAが2016年に米国版「はやぶさ」を打ち上げ予定 | 天文宇宙検定試験が10月9日に開催!申し込みは9月7日(水)まで >>

6月放送のNHK仕事学のすすめはJAXAの川口淳一郎さんがゲスト

NHK 教育テレビで放送中の仕事学のすすめ
6月は、小惑星探査機はやぶさの。プロジェクトリーダーを務めた
JAXAの川口淳一郎さんをゲストに迎えての放送のようです。
放送スケジュールは以下

●仕事学のすすめ
川口淳一郎 高い塔から水平線を見渡せ 全4回
・6月 1日(水) 第1回「プロジェクトを軌道に乗せろ」
・6月 8日(水) 第2回「私の学びは先輩と失敗」
・6月15日(水) 第3回「技術革新をプロデュースする」
・6月22日(水) 第4回「リーダーは決してあきらめない」


高い塔から水平線を見渡せ! 2011年6月 (仕事学のすすめ)
高い塔から水平線を見渡せ! 2011年6月 (仕事学のすすめ)


●概要を番組サイトより抜粋
昨年、6月に世界で初めて、小惑星「イトカワ」から物質のサンプルを持ち帰るという偉業を達成した小惑星探査機「はやぶさ」。そのミッションを果たすためのプロジェクトリーダーを務めたのが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の教授の川口淳一郎さん(55歳)である。「はやぶさ」の帰還は、人類史上初と讃えられたが、計画の立案から実現までは川口さんにとっては長い道のりだった。不可能と言われたミッションはどのように発想され、またどのようにプロジェクトが立ち上がり、軌道に乗ったのか。何度も窮地に陥った時に川口さんがとった秘策とは何なのか。ビジネスパーソンにも役立つ、川口さんの仕事哲学に迫る。
仕事学のすすめ|NHK

興味ある方はチェックしてはいかがでしょうか?

■参考サイトURL
仕事学のすすめ|NHK
高い塔から水平線を見渡せ! 2011年6月 (仕事学のすすめ)

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(0)

Comments

Comment form




 

   

LATEST ENTRIES

Trackbacks

Trackback url:


■星の商品(hoshigu)
天体望遠鏡
デジタル一眼レフ
プラネタリウム
双眼鏡
レンズ
ブルーベリー

■星コン
プラネタリウムや天文台を検索
星座やメシエ天体を検索
北海道のプラネタリウムや天文台
宮城県のプラネタリウムや天文台
東京都のプラネタリウムや天文台
埼玉県のプラネタリウムや天文台
千葉県のプラネタリウムや天文台
愛知県のプラネタリウムや天文台
岐阜県のプラネタリウムや天文台
静岡県のプラネタリウムや天文台
大阪府のプラネタリウムや天文台
兵庫県のプラネタリウムや天文台
京都府のプラネタリウムや天文台
広島県のプラネタリウムや天文台
福岡県のプラネタリウムや天文台
トカラ皆既日食 - 星コン
オーロラ特集(イエローナイフ)- 星コン
オーロラ特集(フェアバンクス)- 星コン
オーロラ特集(キルナ)- 星コン



Powered by BlogPeople

OTHERS
SPONSORED LINKS
<