<< 9月18日に放送されたNHK 宇宙の渚 動画 | 文部科学省がはやぶさ映画をタイアップ >>

9月23日 人工衛星が地球に落下

人工衛星が9/23前後に地球に落ちてくるというニュース
しかも人工衛星の破片が人にぶつかる確率は1/3200 とのこと。

20年前に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の大気観測衛星「UARS」(重さ約5・6トン)が23日前後に大気圏に再突入し、その破片が地球上に落下する見通しであることがわかった。
 破片の落下場所は特定できていないが、今のところ日本を含む北緯57度から南緯57度の広い範囲が対象となっている。NASAは、人口密度などをもとに計算し、破片が誰かにぶつかる確率は3200分の1と推計した。
 NASAの発表によると、UARSは1991年にスペースシャトルで宇宙へと運ばれ、高度約580キロの軌道を周回していた。2005年に運用を停止後、徐々に高度が下がり、現在は、高度225〜250キロ。
 NASAの試算によれば、機体の大部分は大気圏突入時に燃え尽きるものの、最大158キロ・グラムの構造物を含め、部品26個(計532キロ・グラム)が燃え残り、地球上へと落下する。
衛星部品26個・計五百キロ超…23日前後落下 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


もし万が一、人にぶつかった場合は「宇宙損害責任条約」によって
打ち上げ国(今回場合はnasa)が保証することになっているようです。
、宇宙法を構成する5条約の1つ。打ち上げ国が宇宙物体によって何らかの損害を引き起こした場合、打ち上げ国は無限の無過失責任を負うことを定める。宇宙条約第6条・7条の規定を具体化したもの。
宇宙損害責任条約|wikipedia


ちなみに宇宙空間に漂う宇宙ゴミ(スペースデブリ)は年々
増加傾向にあります。
スペースデブリ増加グラフ
資料: monthly number of objects in earth orbit by object type
orbital debris | nasa

※線は上から、合計、破片、人工衛星、分離放出部品、ロケット上段機体。
※グラフの右(2007年以降)に急に、スペースデブリの数が増えていますが
 これは中国による人工衛星爆破実験によるもの


また、過去にも人工衛星が燃え尽きずに破片が地上に
落下したことは何度かあります。
・1978年 旧ソ連の原子炉衛星「コスモス954号」がカナダに落下
・1979年 米国の宇宙ステーション「スカイラブ」がオーストラリアに落下
・2001年 ロシアの宇宙ステーション「ミール」の一部が南太平洋に落下


これまでに、落下してきた人工衛星の破片にあたって亡くなった人は
いないようですが、宇宙技術の推進と同時に、宇宙環境がこれ以上
悪化しないような努力を続けてほしいですね。


■参考サイトURL
衛星部品26個・計五百キロ超…23日前後落下 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
宇宙損害責任条約|wikipedia
orbital debris | nasa

ブックマークに追加する
Posted by 星コンスタッフ * comments(0) * trackbacks(1)

Comments

Comment form




 

   

LATEST ENTRIES

Trackbacks

bandage dresses uk  at 2013/12/05 6:16 AM
bandage dresses uk
____ | __蘋__

Trackback url:


■星の商品(hoshigu)
天体望遠鏡
デジタル一眼レフ
プラネタリウム
双眼鏡
レンズ
ブルーベリー

■星コン
プラネタリウムや天文台を検索
星座やメシエ天体を検索
北海道のプラネタリウムや天文台
宮城県のプラネタリウムや天文台
東京都のプラネタリウムや天文台
埼玉県のプラネタリウムや天文台
千葉県のプラネタリウムや天文台
愛知県のプラネタリウムや天文台
岐阜県のプラネタリウムや天文台
静岡県のプラネタリウムや天文台
大阪府のプラネタリウムや天文台
兵庫県のプラネタリウムや天文台
京都府のプラネタリウムや天文台
広島県のプラネタリウムや天文台
福岡県のプラネタリウムや天文台
トカラ皆既日食 - 星コン
オーロラ特集(イエローナイフ)- 星コン
オーロラ特集(フェアバンクス)- 星コン
オーロラ特集(キルナ)- 星コン



Powered by BlogPeople

OTHERS
SPONSORED LINKS
<